スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TMPGEnc 4.0 XPressでエンコード

 動画の画質の調節や別の形式に変換する際に用いるエンコードソフトのひとつにTMPGEnc 4.0 XPressがあります。
 国産ソフトで、さまざまな形式にも対応しているので、動画関係をいじる際には手放せません。

 本題の前に、私的な主な利用方法といえば、
・Dxtoryで録画した動画の抽出
・Premiere や AfterEffectsで作成した動画のwmv変換
・flvファイルからmp4への変換(ウォークマン用)
・flvファイルからmp3への変換

 自分でもあまり理解していませんが、とりあえず書いておきます。
いつもに増して画像なし&長いので注意!



 TMPGEnc 4.0 XPressの使い方については、実際に触ってみるとすぐにわかりますが、フィルタやエンコードの設定が一番難しいと思います。一度自分の環境にあったベストなものを見つけられれば、プロファイルとして保存すればいつでも呼び出せるので、既定のものにこだわる必要はありません。
 ここでは入力設定(フィルタやカット)と、出力設定(エンコード)について書いておきます。ただし、入力設定に関してはソフトウェアの使い方に近いので、設定内容だけ書いておきます。


 まず、入力設定について。
 TMPGEnc 4.0 XPressを起動し、入力設定をクリックし、クリップエリアに動画ファイルをドラグ&ドロップすると、動画が追加されます。追加された動画をダブルクリックまたは編集ボタンを押すと、カットおよびフィルタの設定ができます。
 長い動画から自分のほしいシーンだけを抽出したいときにカット機能を使います。
 カット機能は切り取りではなく、切り離しなので、余計な部分も抽出されます。カットが完了したら、クリップエリアに別々のものとして追加されますので、不要なシーンのものは削除します。

 次にフィルターについて。
 ここでは、インターレース解除や、音声ボリュームなどの設定ができます。
いろいろいじってみましたが、結局色調補正と音声ボリューム調整のみ設定を変更しています。
 Dxtoryで録画し、生成された動画は若干暗いイメージがあり、あとでPremiereなどで調節するのも面倒なので、このときに変更しています。
 ボリューム調整は、「音声正規化ノーマライズ」で音量を一般的(?)なものに調節しています。


 出力設定について。
 基本的に、編集した動画はAVIで出力し、wmvに変換し、ニコエンコでニコニコ動画やzoomeにアップしています。
  TMPGEnc 4.0 XPressのmp4コーディックも改良されつつありますが、まだまだエンコード設定を練っても、高画質にはなりにくいようです。

 ここではWMV出力について、少しだけ書いておきます。

 出力フォーマットの選択から、「フォーマット別出力テンプレート」→「Windows Media ファイルの映像形式」を選択します。
 まず、何もインストールしていない状態でwmvコーディックとして使用できるのは、Windows Media Video 9、Windows Media Video V7、Windows Media Video V8、Windows Media Video 9 Advanced Profile。ここは既定のWindows Media Video 9でいいと思います。

 サイズは、640*480や800*450など。このとき、フィルタの設定によっては黒枠ができたり、トリミングされた状態で出力される場合があります。その場合は次のタブ、「エンコード」から出力プレビューの実行をしてみてください。
 アスペクト比は上で入力したサイズの比。ほとんどが4:3だと思います。フルHDDで撮った動画だと16:9かも。

 フレームレートが若干ややこしいです。結局一秒に何枚の画像を表示して映像にするか、ということですが、少なすぎるとカクカクになったり、多すぎるとサイズが大きくなったりします。特にWindows Media Video 9はインターレースに対応していないので、フレームとフレームとの間の補間処理 (一つのフレームに、前後のフレームの残像をいれてフレーム数が少なくても滑らかに見せる。ただしこの場合、動画をストップさせた場合残像が見える。) がありません。

 動画編集ソフトでインターレース処理のかかったAVI形式で出力していると30fpsでも滑らかに見えますが、そうでない場合は60fpsが適当だと思います。ニコニコやzoomeにアップする際はmp4形式になるので、インタレースが有効になります。
 60fpsでエンコードされたwmvファイルをmp4にエンコードする際に、30fpsであってもインターレースが有効になりますので、滑らかに見えます。
 ただ、wmvが30fpsだとmp4にエンコードした時も画質が最適化するだけで滑らかさは変わりません。

 映像エンコードタイプに関しては、エンコードする時間と画質の問題です。
まず、1Passと1Passの違いについて。
 動画を何回エンコードするか、という違いがあります。1Passだと単に一回だけで、形式やビットレートを変更するだけなので、どこかで画質、ファイル容量の面で損している場合があります。
 2Passだと2回エンコードするので、1回目にどのような動画なのかを検証した後で2回目に動画にするので、1Passに比べて画質が向上する場合があります。回数が多いほどいいですが、2Passで問題ありません。

CBRとVBRの違いについても若干ややこしい話で、滑らかに見せるか、高画質に見せるか。ということです。
 動画は大量の画像(一枚)の集まりで、当然シーンに応じてその画像の容量も違ってきます。
 つまり、高画質なシーンと低画質なシーンが発生します。これが発生しないように画質を一定にするためにフレーム数を減らすのがVBRです。
 逆に、フレーム数を一定化させて、画質の高低をつけるのがCBRです。
 詳細に関しては、http://jumper-x.hp.infoseek.co.jp/begin/column-i/7.htmlが参考になります。
 ちなみにAVIはbmpの画像を一秒間に何枚表示するか、という単純な話なので、このようなものは存在しません。

 ビットレートについては、画質と容量を大きく左右するものです。これで画質が決まります。
動画編集ソフトで生成したAVIファイルの容量は大容量なので、それを高画質に保存しておきたい場合は、10,000kbpsあたりに設定します。動画を他人に見せるためにWEBで公開したいなら、2,000kbpsあたりが適当です。

 最後に、実際にエンコードに使用しているプロファイルをアップしておきます。
マイドキュメントにある「TMPGEnc 4.0 XPress」のフォルダに解凍して、出来たフォルダをコピーすると、使用可能です。
http://ksmaster.netgamers.jp/sa/uploader/etc/Template.lzh

 結局、何を書いていたのか分らなくなった・・・。

コメント

 
非公開コメント


ありがとうございました!

自分でも何を書いているのかわからなくなってしまいました・・・w
参考になれば幸いです。
Author: KSMaster Profile
mixi
Twitter
ニコニコ動画


Steam ID


◇Player names◇
COD:MW2:KSMaster
L4D/2:[JP]KSMaster
SA: KSMaster.EX
COD4:[JP]PRIPET
CS:S: Nara//KSMaster
現在活動休止中

◇PC Spec◇
OS: Windows 7 Pro x64
CPU: Intel core i7 920 @3.24Ghz
RAM: DDR3 1333Mhz 1GB*6
GPU:ASUS ENGTX285/HTDI/1GD3

Sound: X-Fi Titanium Pro Audio




最近の記事
最近のコメント
カテゴリ


サドンアタックランキング
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。